2020年01月31日

美しき理想の具現者

美しき理想を持つ環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんは毀誉褒貶相半ばするようです。
しかし相場においては美しき理想の具現者だけが勝つのです。
低俗な欲や恐怖に支配された多くの大衆が勝てたらゼロサムゲームが成立しません。
相場で美しい理想を追い求めてもグレタさんのように貶められる事もなく
ただひたすら自由で美しいのです。







posted by 猫 at 20:36| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

悪貨は良貨を駆逐する

最近全てが私のツイートの完全なコピーだけで成り立ったツイッターアカウントが複数作られていることを知りました。
私は有名人でもない無名の専業トレーダーなので予想だにしない事態に当初は狼狽しましたね(笑)
しかし盗用アカウントの全てがフォロワーを一つの詐欺商材に誘導しているのを知って
こりゃなんとかせなとあかん!と奮い立ちました(もちろん単純にパクられて頭にきたというのもありますが)
悪貨は良貨を駆逐するっていうのはこの世界にも成り立つようです。
私はこの世界が悪貨だらけにならないように倫理をもって精進して参る所存です。

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−










posted by 猫 at 22:31| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

思行一致

相場で勝つために必須かつ至難の業が思行一致です。
素晴らしい考えの実行を邪魔する欲と恐怖をいかに制御するか。
トレードで待つ時間に心の動きをモニタリングしましょう。

ZONEへ!

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−


posted by 猫 at 16:31| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

少数派が常に正しい

民主主義の世の中にいるとつい多数派が正しいと思いがちですが
相場の世界では正しくありません。
常に少数派が勝ち多数派が負けるのが相場の世界です。
その観点に立つと人気があるからという理由で必勝法やツールを買うのがいかに愚かしいかがわかるでしょう。
まさに玉石混交で玉は圧倒的に少ないのです。
多数派に背を向け
少数派に立つ勇気を!

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−





posted by 猫 at 20:32| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

仲間は皆いなくなった

私は兼業トレーダー時代にネットで知り合ったFX仲間がけっこういたのですが
今でもトレードをしているのは私だけです。
みんな今は日常に戻ってサラリーマンなどをしています。
仲間たちは皆私よりもトレードが上手くてそこそこ儲けていました。
私の成績は最下位レベルだったと思います。
にも関わらず私だけが専業トレーダーになったということは
やはりトレーダーに必要なのは情熱とか執念とか
人間的な、あまりに人間的な何かなのでしょう。

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−



posted by 猫 at 21:02| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

自分の頭で考えよう

実は私のツイートと一字一句違わぬコピーだけで成り立ったパクリツイッターアカウントを見つけたのですが
唖然としましたね。
ツイートの内容くらい自分で考えろよって
その程度も自分で考えられない他力本願な人によってFXの商材業界は成り立ってるんですかね。
結局ラインに登録させてインチキ商材に誘導しているのですが
そのインチキ商材をつかまされた方にはお気の毒にとしか言えません。
翻って相場の世界は思考を放棄した他力本願な人間は絶対に生き残れないようになっています。
徹底的に自分の頭で考えましょう。

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−








posted by 猫 at 20:29| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

マーケットの魔術師

私は真剣にマーケットの魔術師になりたい。
人生をFXに賭けてしまったので
もう後戻りはできないから
FXを始めたせいで失ったものに後ろ髪を引かれつつも
FXを始めなければ手に入らなかったであろう多くを享受し
人類の未来のために善行を積む所存です。

N-Method−トレーダーが気付くべき唯一つの本質−



posted by 猫 at 20:44| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

FXを仕事にして良かったこと

猫がFXを仕事にして良かったと思うことは
自由であるとか実利的なこともありますが
自分の心、特に欲や恐怖という本源的な感情に向き合って
心の作動の形式を認識してコントロールする喜びにもあります。
いやはや人間の心は奥深い。
AIなどに負けるものか!

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−





posted by 猫 at 20:28| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

純然たるテクニカルトレーダーですが

私は専業のトレーダーの傍ら自らのメソッドを発表しています。
これは私にとっても利用者に方にとってもWinWinであるような
EAを利用した利用者の独自性を失わない半裁量手法です。
主体はあくまでトレーダーでありEAは杖に過ぎません。
また私は純然たるテクニカルトレーダーですが「テクニカル分析」は厳密な科学ではなく星占い程度のものという考えの下Mindを最重視しています。
既に確立した手法をお持ちの方でも利食いの方法だけ、あるいはMindだけを取り入れて頂いても効果的です。
決して「勝率100%近くを狙うような確実」ではなく確率を求める手法ですのでレバレッジは十分下げてご利用ください。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−



posted by 猫 at 20:45| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

真のプロフェッショナルを目指せ

猫はNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」が好きなのですが
トレーダーとしても非常に勉強になります。
プロフェッショナル達は決して奇を衒わず
基本的な技術を洗練させていきます。
その先の独創性なんですね。
また恐るべきメンタルの強さです。
凡人はどんな素晴らしい発想でも三日坊主で終わることが多いものです。
星占い程度のものであるテクニカル分析をいくらいじくり回しても人生を変えるような大金は手に入らないでしょう。
我々が世のプロフェッショナル達から学ぶことは多そうです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−

続きを読む
posted by 猫 at 13:35| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

確実ではなく確率を

N-Methodは勝ったり負けたりしながらトータルで勝つメソッドですので
レバレッジは十分下げて使ってください。
猫もかつて負け組時代に海外FXでハイレバでやってましたが最初にマグレで勝った時だけ
一瞬口座資金が増えましたが結局数百万をドブに捨てました。
もちろん勝率100%近くを叩き出すトレーダーならハイレバでいいのでしょうが
そんな方はN-Methodを使わないでしょう。
確実ではなく確率を求めるのがN-Methodです。
またN-MethodではMethodとMindが独立していますのでMindだけをインストールして頂いてもかまいません。

※蛇足ですが、全ての経験は無意味ではありません。
「あの時ああしていれば…」と嘆く人はあの時以降に努力していないから今嘆くのです。
あの時以降の経験を生かすも殺すも今からの覚悟次第です。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−






posted by 猫 at 20:34| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

孤独を恐れない狼

コバンザメのように「カリスマ」にくっついているトレーダーが相場で勝つことは有り得ない。
相場で勝ち残るのは孤独を恐れない狼だ。
孤高のトレーダーたれ!

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−



posted by 猫 at 21:29| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

茨の道

このAI全盛の時代ですよ。
トレーダーはAIに駆逐されないように
今まで以上に背水の陣を敷かなければなりません。
とにかく過去の猫にしても甘すぎる
99%の人は甘すぎるからこそ
相場がゼロサムゲームということとは別に負けているのです。
はっきり言ってテクニカル分析なんて星占い程度のものだし
せいぜい杖のようなものです。
結局はトレーダーという茨の道を自分の足で歩かなければならないのです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−





posted by 猫 at 20:14| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

勉強で勝てるか

皆さん何か勘違いしていますが
勉強でFXが勝てるようになると思っていませんか。
猫はこの度N-Methodを発表させてもらいましたが
別に今さらFXのお勉強法を書いているわけではありません。
お勉強が無力だと気付いたのは猫が専業を目指していて人生をかけて死ぬ覚悟で相場と戦ってきたからです。
小遣い程度稼げれば良いという方ではなかなかその境地まで辿り着けないでしょう。
小遣い程度で良ければ確かにお勉強という無意味な行為もゲームとして面白いとは思います。
しかしFXで本当に大金が欲しければ専業になりたければ
学生のような態度を改める必要が有るでしょう。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−

2020年01月17日

時代の主人公になれ

誰かを羨ましそうに眺めてたり
誰かに追随したり
そういう人は相場では勝てないでしょう。
一匹狼で他人の真似をせず
オンリー1の存在であろうとする
大げさですが自分が時代の主人公だと思うような
壮大な勘違い人間こそが勝てるのです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−



posted by 猫 at 21:58| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

殆どの人は口だけ

相場に限らず一般的に言えるのですが殆どの人は口だけです。
立派なことはいくらでも言えます。
立派な考えは本でいくらでも学べます。
しかし99%の人はそれだけで終わります。
普通に生きる分にはそれでいいのですが
トレーダーにとっては命取りです。
なぜならば、相場は常に99%の敗者と1%の勝者に分けられるからです。
であるならば立派なこと、立派な考えを口や観念だけでなく実行できる1%の人間でなければ勝ち残れないのです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−


posted by 猫 at 20:47| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

欲と恐怖と無縁に

トレードする時は欲と恐怖が動機になっていないか自分の心をチェックしましょう。
その状態では合理的な判断ができないために負けやすく
その負けがさら欲と恐怖を増幅するネガティブフィードバックに陥りやすいです。
欲を忘れ恐怖を受け入れ綺麗なさざ波のような心理状態でのトレードを心がけましょう。
その先に明鏡止水の境地、ZONEが待っているのです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−



posted by 猫 at 13:48| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

破滅さえ覚悟できるか

例えば一ヶ月以内に※万円用意しないと返済が滞って破産してしまう。
頼みの綱はFXの副収入だけ。
こんな状況では一日でも早く勝ちたいでしょう。
もし極限のトレードを目指して一ヶ月間ノーエントリーだったら…と考え
おそらく機会損失による破滅への恐怖から甘いトレードを繰り返してしまうでしょう。
そして破滅が現実のものとなるのです。
もうおわかりでしょう。
破滅を回避するためにあえて破滅を覚悟するのです。
破滅してもいいから極限のトレードだけを行う。
破滅してもいいから神のトレードを待つ。
その時に奇跡が起きるのです。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−





posted by 猫 at 20:30| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

生まれ変われ

人間なかなか変われません。
猫も7年変われませんでした。
何度も変わった気にはなりましたが。
一度腹をくくって破滅を覚悟してもいいでしょう。
その先に何かあるかもしれません。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−


posted by 猫 at 21:02| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

現在の戦場でも十分通用する戦力

猫の読者の方から「N-Methodは現在猫さんが使っているメソッドではないんですか!?」
というような質問を頂いたので答えます。
これは紹介ページでも書いてありますが現在猫が使っているメソッドではありません。
2017年頃までに使って十分な実績を上げたものです。
そもそも猫の今のトレード法はシステムトレードでもないし定式化できるような裁量メソッドでもなく
FXに人生を捧げた猫の全ての経験と勘を総動員したトレードです。
教えたくても教えられるものでもありません。
もし教えられたとしてもゼロサムゲームの相場の世界で「トレードで食っている猫にとっては」脅威となるため教えないでしょう。
現バージョンと競合しない「別バージョン」だからこそ教えられるのです。
例えば軍事の世界では他国には兵器のスペックダウンとしてのモンキーモデルを輸出するそうです。
空母いぶきに出てくるF35もそうでしょう。
でもN-Methodは決してモンキーモデルではありません。
現在の戦場でも十分通用する戦力を有するでしょう。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−



posted by 猫 at 20:52| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

たったひとつの本質

猫はFXで成功するか否かは
たったひとつの本質に気付けるかどうかだと思います。それは
誰もが知っているけど誰もができないこと
心の中に聖杯を宿した時に
神様は相場に魔法をかけて奇跡を起こしてくれるでしょう。

N-Method−トレーダーが気付くべきたったひとつの本質−





posted by 猫 at 20:24| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

最強の言うは易し

人生を賭けて死ぬ覚悟で待つ
これが最強の言うは易しだと思います。
頭ではわかっているけど心は何故か暴走してしまう。
辛さに耐えられない
特にFXに賭けるものが大きい人程そうです。
なぜそうなるか
どうすればいいか
は一応N-Methodで書いていますが
これをわかるだけでなくできるようになれば道が開けます。
この極致に到達すれば相場での成功は間近です。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから


posted by 猫 at 20:43| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

N-Methodはどんな人に向いてるか

N-Methodはどんな人に向いているか
それはおそらく小資金を複利で回して大金を得たい人でしょう。
目的は専業になりたいでもいいし、はたまた借金を返したいでもいいでしょう。
猫は上の二つでしたが。
小資金を大金にしたいのなら必ずドカンが必要です。
よく言われるコツコツドカンの逆です。
コツコツ買ってドカンと負けるのではなく
コツコツと負けてもドカンと勝って一気に増やす。
さらに複利で回してドカン!ドカン!と
猫はそうして専業になりました。
N-Methodなら可能です。
今他のメソッドに馴染んでいる方でも利の伸ばし方とマインドについてだけN-Methodを取り入れて頂いてもかまいません。
きっと共存可能でしょう。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから



posted by 猫 at 21:00| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

トレードは環境認識が最も重要

猫が思うにトレードは環境認識が最も重要です。
だからN-MethodはEAを使いますが環境認識か現時点では人間が得意だと思いあえて半裁量メソッドの形を取ったのです。
ですから4時間足のサインが出たから…と機械的にトレードしないでください。
環境認識の鍛え方はN-Methodの中で非常にシンプルに効果的な方法を書いています。
その上でN-Methodに限って言いますと
環境認識し過ぎて疲れてしまったり寝不足になってしまってたら間違っています。
N-Methodは長期的に見て極めて大きなリワードを狙うメソッドですので真逆の姿勢で臨んでください。
それを可能にするMindもN-Methodの要素の一つです。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから


2020年01月07日

テクニカル分析は星占い程度のもの

実際の数学的な意味は別にして
猫はテクニカル分析は星占い程度のものだと思っています。
猫はジリ貧負けトレーダーからなんとか相場で生活出来るレベルまで来ましたが
テクニカル分析の技術が向上したから奇跡を起こせたわけではないですよ。
やはり統計学に還元できない人間ならではの何か
執念、情熱、あるいは不条理な何か
そういったものが必要なのだと思います。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから






posted by 猫 at 20:54| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

はした金でいいのか

猫はMT4でピコピコとテレビゲームみたいなトレードをしている人や過去の自分に
「はした金でいいのか」と問いたいです。
そんなはした金でお前の人生は変えられるのかと…
本来の目標から逆算すれば自ずと取るべき行動は見えてきます。
それは決してテレビゲームのようなトレードではないはずです。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから




posted by 猫 at 20:58| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

権威主義に陥るな

最近テレビでは「東大」がブームで権威主義の一種ではありますが
まぁこれは人畜無害だから良いでしょう。
ところが相場における権威主義は良くありません。
「相場において権威に群がる大衆」と書いて「いいカモ」と読むのです。
相場の権威に群がって何になるのでしょう。
彼らはその権威に資金が続く限り養分を吸い取られるのです。
相場で勝ち残りたければ孤独に耐え自らが権威にならねばなりません。
権威は自分一人で十分なのです。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから


posted by 猫 at 20:16| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

数%の勝ち組に入るべき「聖杯」

よく「猫さんは相場予測はしないんですか」って聞かれるんですよね。
そういう事をしている方は全然良いと思いますよ。
ただもし猫がブログで相場予測をするとしたらポンド円が上がると思えば「下がる」と書くだろうし
下がると思えば「上がる」と書くでしょう(笑)
その理由は猫のツイッターとかブログを読んで下さっている方ならわかると思いますが
もちろん猫のような無名のトレーダーがSNSで書いたところで現時点では現実に微塵も影響しないでしょうが
相場予測を本音で書き始めたらそうでもなくなると思いますので(笑)
だからこの度発表させて頂いたN-Methodは猫の現在のトレード手法とは異なる
あくまで利用者様の裁量判断によって収支が変わるメソッドです。
そして本質的には相場は全てのトレーダーが勝者にはなり得ないゼロサムゲームであり
N-Methodでは数%の勝ち組に入るべき「聖杯」と猫が思うものを書かせて頂いています。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから



posted by 猫 at 19:54| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

FOMC

昨日はFOMCがありましたが皆さんはどうされたでしょうか。
FOMCは大きな指標だから見送ろう。
大きな賭けに出てエントリーしよう。
どちらでしょうか。
一般的には前者が正解とされていますが一面的過ぎます。
N-Methodではその点も猫の10年以上のポンド円経験に基づいて解説しています。
本日は地政学的要因で大きく動きましたが結果的にはN-Methodの通りに対処して正解でした。
相場は決してマニュアル的に解けるパズルではありません。
人生を賭けて死ぬ覚悟で解くのです。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから


posted by 猫 at 20:24| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

我が道を行く

相場で生き残りたいのなら我が道を歩きましょう。
99%の大衆に背を向け
1%の勝者にシンクロする孤独を
家畜の安寧、虚偽の繁栄よりも
死せる餓狼の自由を!
猫も万人受けすることよりも
たった一人に届く真理を語り続けたいです。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから



posted by 猫 at 19:38| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする