2020年03月19日

極限のギャンブラー

かつて負けトレーダーだった私はペダンチックなところがあって
トレードに関しても理想は科学のように真理を追究して
つまりは聖杯に辿り着くものだと思っていました。
しかし全くの幻想でしたね。
私は幻想の7年を経て今なら確信をもって言えます。
相場はギャンブルであると。
そしてリバモアやソロスやマーク・ワインスタインといったマーケットの魔術師たちは
極限のギャンブラーなのだと。
私は人生を賭けて彼らを追いかけたいと思います。
posted by 猫 at 22:32| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする