2009年03月29日

チャートはアート

最近まで凹みモードだったんですがなんとか復活してきました。
FXが原因というわけでもなかったんですがFXではトレンドに強くトレンド転換期、レンジに弱いというのが猫の特徴でした。
それを克服しようと試行錯誤して木曜のレンジでは負け無しで勝てるようになりました。あとは転換期だけですがまだ遭遇していません。猫的に考えて30分足のRSIのダイバージェンス、30-70ライン超え反転、そこを超えた足を基準としたダイバージェンス、またADXの反転などを大幅な逆行の材料とすれば良いかも♪というふうに感じ初めています。
そういえば為替鬼さんは5分足や1分足はだましが多すぎると15分足を新デイトレ手法として使用しているようですが(猫は詳しくは知りません)それよりボラの大きいポン円では30分足の波動に乗るのが良いのかな♪
例えば4時間足、2時間足の平均足の色が揃った方向への30分足の押し目かつ5分足の押し目ロング、30分足の戻りかつ5分足の戻りショートです。
チャートってフラクタルというか自己相似形をしてるのでその形を利用した方法かな♪あ、五分足のダイバージェンスとか主要な移動平均線での反発、特に一時間ミドルはいいです♪それか30分ミドルとか。
30分足反転前後か直後(からRSIやADXや各種オシレーターで大幅な逆行に気をつけてそれ以前に)に5分足がボリバンミドルから反対側ボリンの間で反転した時にエントリーという方法だと良いかも♪
シンプルでしょ?こういうシンプルな方法を自信を持って使えるようになったのも猫が師と仰ぐ介さんにテクニカルの使い方とか移動平均線による力のベクトルの把握の仕方とか教わったからなんですよね♪

とりあえず木曜から金曜のチャートを♪

090327_aa.JPG

090327_aa1.JPG

090327_aa2.JPG

090327_aan.JPG

090327_aan_sonogo.JPG

このあと夜勤で出かけたのでノーエントリー。


帰ったきたらこんな感じになってました。

090328_na1.JPG

090328_ctct.JPG

090328_ctct2.JPG

090328_ctct3.JPG

前の記事と同じで三十分足で見ると前日安値を戻りポイントにして下に加速してますね。


エントリーポイントは指の印のとこです。決済理由とかも後で説明しますね。

でも四分割の画面はシンプルで家のPC二台デLAN接続しててスペックの低いほうのデモ口座のCTなんですけどシンプルなせいで凄く軽いですね。

シンプルな画面にしてみるとFXチャートのフラクタルな美しさがよくわかります♪
FXのチャートは世界中の人たちの幸せに暮らしたいっていう想いが生み出したフラクタルアートなんじゃないでしょうか♪
この美しさに気付いた時、テクニカルを援用すれば無敵だと思いますよ♪

専業トレーダー猫のように長いトンネルを抜け経済的自由を掴みたければぜひ
マエストロFX〜FX専業トレーダー育成プログラム〜

を手に入れて下さい。これこそグローバルスタンダードの真のFX教材です。心の中にある聖杯を呼び起こせ!

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック