2011年04月15日

本当にリスクを受け入れているのか


マーク・ダグラスの名著「ゾーン」でも「リスクを受け入れる」ということが書かれています。
損切りが出来ない人は頭で損切りが大事とリスクを受け入れた振りをしていて
実際には負ける痛みを回避しようという性向から本当にはリスクを受け入れていないのだと思います。
しかし、よく考えてください。一回のトレードでサラリーマンの日収何倍もの利益が得られる可能性があるFXをノーリスクで出来るなんて甘い話が存在するはずがありません。
損切りが出来ず、あるいは一旦入れたストップに引っかかりそうになるずらしてしまうような人は本当の意味でリスクを受け入れていないのだと思います。
かつての愚かな自分も含めて非常に…甘い!
と言わざるを得ません。
そんな態度では口座を飛ばして一文無しになっても自業自得だと思います。
何のためにFXをやるのかを自覚して心を入れ直すべきでしょう。

専業トレーダー猫のように長いトンネルを抜け経済的自由を掴みたければぜひ
マエストロFX〜FX専業トレーダー育成プログラム〜

を手に入れて下さい。これこそグローバルスタンダードの真のFX教材です。心の中にある聖杯を呼び起こせ!命がけで奇跡を起こせ!奇跡が起きるくらい努力しろ!
奇跡は待つものではなく起こすものなのだ。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック