2011年10月28日

日銀の口先介入という名のハッタリを真に受けた私が愚かでした

まぁ、ハッタリというのは最初は効果があってもそのうち効果が消えていくものです。
確か、前回の介入を取った時も介入だとわかっていてエントリーしたのではなく結果的にそれが介入だったという形でした。
介入にしてもギリシャショックの爆下げにしても狙って取れるものではなく
日ごろ真面目にトレードしてる人への相場からのプレゼントのようなもので
狙うとバチが当たりますね。
ただ日銀の口先介入という名のハッタリが無意味で馬鹿馬鹿しく逆効果でしかないというのは明白だと思います。

奇跡が起きるくらい努力しろ!猫を変えてくれたバイブルでも有ります。天才マーフィー先生の最強スパンモデルFXプレミアム
プロ中のプロから秘伝を伝授してもらえます。

猫はこれで収支プラスを継続中。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック