2012年02月17日

逆張りはナンセンス

逆張りはナンセンスです。
たとえば比較的大きめの時間軸でレンジ性向が有るとして
そこでのボリンジャーバンド+2シグマでの反転を予測して逆張りを行なうにしても
闇雲にショートをかけても運良く反転するかもしれませんが少なからずエクスパンジョンが起きたりオーバーシュートしたりして損切りに合うでしょう。

つまり大きめの時間軸で逆張りを行うにしても執行時間軸では移動平均線か傾いて以降の順張りのみが有効で
レジスタンスサポート、長期移動平均線、あるいはダイバージェンスからの反発の予測は、そこでもし執行時間軸でトレンドが転換しエントリー基準が満たされたなら大きく伸びる可能性が高いだろう→リスクに対して十分大きいリワードが得られる→エントリーする価値があるポイントである可能性が高いということを示唆するにすぎません。

例えばダイバージェンスを例にとります。
非常に強いダイバージェンスのサインが出ました。
しかしダイバージェンスのサインが出たからといってすぐに反転するわけではなく
ある程度タイムラグが生じる事があります。トレンドが強い場合それ以降も
レートが逆行することが多く、それによりダイバージェンスが不発だったと錯覚し
損切り、トレンドの底や天井で順張りしてしまうという失敗を起こすケースが有ります。
必ず執行時間軸でトレンドが反転しエントリー条件を満たすまで待ちましょう。
つまりここでのダイバージェンスは反転を約束するものではなく
もしこのような強いダイバージェンスが起きて(レジスタンス&サポート、トレンドライン、移動平均線等のチャートポイントならなお良い)実際に反転したならば十分大きなトレンドを形成するだろう→高いリワードが望める→エントリーする価値が有るという事を示唆しているだけです。
これはボリンジャーバンドでもミドルバンドでも長期移動平均線でも反転が期待できるものなら何でもかまいません。

ただ執行時間軸の中の部分時間軸、より小さな時間軸では逆張りは有効です。つまり執行時間軸での大きなトレンドフォローの流れの中での押し目や戻りをとらえる逆張りはより有利な位置で順張りするために必要です。

また執行時間軸で決済のサインが出る前により有利な位置で決済するために強いダイバージェンスのサインを使うのは有りです。
しかし執行時間軸での逆張りのエントリーの根拠にダイバージェンスを使うのは間違いであくまで独自のエントリー基準、決済基準をによって順張りでエントリーすべきです。
ダイバージエンスやボリンジャーバンド、レジスタンス&サポート等はそこで反転する可能性が比較的高いという事を示唆するにすぎずあくまで独自の利食いルールで損小利大を目指していましょう。

為替予想GIMMIC(ギミック)が19通貨ペアポジションを完全ナビゲート!(スナッチも同梱されています)


多くの方が待望したスナッチが完全自動売買システムとなって帰ってきました! 1000名を超える既存ユーザーの様々なニーズを反映させ完全自動売買スナッチが誕生しました。 ・仕事をしていてもスナッチが自動でトレードをしてくれる。 ・有料配信と違い、ポジション建てから決済までスナッチが完全自動処理。 ・販売から2年の安定実績のシステムをポートフォリオの1つに! ほったらかし完全自動売買のスナッチを手元で働かせましょう!

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252678884

この記事へのトラックバック