2012年04月08日

システムトレードと裁量トレードの境界が曖昧になってきた

裁量トレードについて極めれば極めるほどこの二つの境界が曖昧になってきます。
特に専業トレーダーでない場合チャートを見られる時間は限られています。
仕事中片手間でチャートを見たくらいで勝てるほどトレードの世界は甘くはありません。
もしそんなに簡単に勝てるのだったら世の中億トレーダーで溢れているでしょう。
私の中では裁量トレードを極めれば極めるほどシステムトレードに近づいてきました。
違いがあるとしたら利の伸ばし方、これに関しては裁量の方が上でしょう。
ただシステムトレードでもスナッチのように裁量以上に利を伸ばせるシステムも有ります。
またスナッチを裁量的に使う方法もあります。
私はこれらのハイブリッド、ポートフォリオシステムで運用しています。
その一つが
しっかりと結果を出し続けてくれています。
結局裁量にしてもシストレにしても投資の3Mの中の一つのM(メソッド)に過ぎないのです。
私は残りの2Mのマインドとマネーマネージメントの方が余程重要でないかと考えています。
思えば私がかつて挫折した時もまずマインドが崩れ、次の資金管理が崩れていったように思います。
決して同じ過ちを繰り返さないよう肝に銘じるためにも過度に手法に溺れずシステムトレーダーとしての自覚と誇りを持ちたいと思っています。
ちなみに私は裁量トレードで身に付けたテクニカルの知識は実際に自動売買プログラムにトレードをさせてそれをテクニカル分析にかけることでそのシステムのロジックを推測する際に非常に役立っています。

猫も運用している収支プラスのEAはIron Wolf Next Edition(アイアンウルフ ネクストエディション)
スイングトレードに必要な売買テクニックの全てを網羅した総合的スイングトレードシステム

損少利大逆コツコツドカンの真のシステムトレードの魅力を味わって下さい。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック