2012年04月19日

ポンド/円は5年以内に250円を目指す!?

前回紹介したポンド/円は5年以内に250円を目指す!?という記事のプロローグが始まってきたような気がしています(^^)
実際その記事のシナリオを信じて素直にスナッチのロングサインに乗りました。スナッチオートの方は放ったらかしの自動売買なので必ずエントリーしますが裁量スナッチも移動平均線が反転してレートが上抜くのを待たずスナッチのサインに乗ってご覧の通りの爆上げに乗れました。未だにポジションを持って利を伸ばし続けています。

s-04192h.jpg

私がここで大きく反転すると予想していたのは前述の記事によるチャートポイントということや私が上位時間軸から見るチャートポイントであることもあったのですがスナッチがその前段階においてグダグダ相場の様相を呈していたからです。つまり2時間足レベルで小刻みに買い下がっているような状況。ショートで入ってもほとんど利にならず。ロングサインでは薄損を繰り返す…このようにスナッチ的なドローダウンの後には必ず大きく相場が動くということを知っていたからに他なりません。
つまりこれは他のシステムトレードにも言えるのですがこのような負け、ドローダウンで簡単にシステムトレードを諦めていたらスナッチにおける今のような大勝ちは得られずこのような小さな負けの期間に耐えたものだけが相場からの大きなご褒美にありつけるのです。
これは日足です。日足スナッチのロングサインが出ていることがわかります。ミドルバンドを既に超えてきましたね。

s-0419day.jpg

大抵システムトレードを放り出す人はいきなりドローダウンをくらってそれで嫌になって投げ出す人で、そういう人は裁量トレードでも勝てませんからね。私もシステムトレードの何たるかがわかってきてからかえって裁量トレードのパフォーマンスが上がってきたからです。なので裁量トレードとシステムトレードはあざなえる縄のごとし、密接に関連しているのだと思います。
もしそのような心理的な負担に耐えられなければ完全自動売買の
にしておくのが良いでしょう。私はスナッチオートと自分でサインを取捨する裁量2時間足スナッチスイングトレードをやっています。
そして私は冒頭の記事の歴史的な「ポンド上昇相場」に乗りまくりFXドリームを実現するつもりです。
皆さんも手法に溺れ、手法貧乏になるよりリアルに大金を稼いでみたいと思いませんか?

専業トレーダー猫が愛用しているAva Swing System(エヴァスイングシステム)
複数通貨ペア対応の合成戦略により安定的な利益の積み上げを狙うスイングトレードEA

毎月収支プラスを実現しています。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
ラベル:ポンド円
posted by 猫 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ポンド円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック