2012年06月19日

やっぱりシステムトレード

相場は本当に難しい
勉強することで、そして学んだことを厳密に実践することで
ある程度勝率を高めることができても
ゾーン

でも書かれている心理的バイアスが足かせとなって結局は9割のトレーダーが
相場からの退場を余儀なくされています。
ただ裁量トレードで勝てないからといって「自分は駄目だぁ」とか
FXは才能が無いから止めようとか思う必要は無いです。
おそらくFXで常勝するというのは常識的な人間の本能に反する行為なのかもしれません。
なので裁量トレードで失敗しか方はもしかしたらシステムトレードを
運用する才能が有るのかもしれませんし
既に始めてる方、これから始める方は口座を二つ用意して
一つはお試し用の裁量トレード用口座、一つは本命の着実に資産を増やすための
システムトレード用口座を用意しそちらはシステムを稼働させたら一切手をつけない。
そうすれば仮に裁量トレードで大失敗をし片方の口座を飛ばしても
本命口座は残っているので裁量トレードを行う際にも余計な心理的バイアスを
減らせて心おきなくトレードに集中できるのではないでしょうか。

最近のシステムトレードの結果です。
スコーピオンがエントリーしました。こちらはロングポジションで勝ちですね。
一つ目のポジションで逆行したのですがリカバリーポジションを持ち両方勝って利益を増やしています。
s-0618sco.jpg
こちらはショートポジションで一つ目のポジションが逆行してマイナスになったものの
リカバリーポジションによりトントンで終えています。
s-0619sco.jpg
マーチンゲールと違い勝率は高くはありませんが負けても次の勝ちで
容易に挽回できるという点に注目してください。
マーチンゲールの場合ドローダウンが起きた時に回復まで数ヶ月かかるなんてことが
珍しくありません。もし運用当初にいきなりドローダウンが来てしまった場合
数ヶ月口座資金がマイナスの状態が続くのです。それに耐えられますか?
私は嫌なのでマーチンゲール系のEAは使っていません。
ただ全てのマーチンゲールEAが駄目というわけではなく実績を出しているEAも有りますので
そこは自分の口座資金と相談して決めれば良いでしょう。

猫も運用している収支プラスのEAはIron Wolf Next Edition(アイアンウルフ ネクストエディション)
スイングトレードに必要な売買テクニックの全てを網羅した総合的スイングトレードシステム

逆コツコツドカンの真のシステムトレードの魅力を味わって下さい。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック