2012年06月23日

ペガサスとスコーピオンのトレード結果

本格的にシステムトレードに転向すべくEA開発に忙しくて
なかなか更新がままなりません。
やはり裁量トレードはコストパフォーマンスが悪いですよね。
もちろん裁量ならではの良さもあるんですがデメリットで打ち消されます。
FOMCの時のような荒れ相場では裁量では頑張るだけ無駄ですからね〜
結局手を出さないのが最善の策ということになり
それなら寝てたほうが良かったとなります。
で、チャートを監視してるだけでめちゃくちゃ神経を使うんですよね。
ところがシストレなら疲れ知らずにルールに基づいてトレードを遂行してれます。
昨日のスコーピオンとペガサスのトレードです。
ペガサスもスコーピオンもほぼ同じタイミングでショートエントリーしました。
スコーピオンのほうは追撃ポジションを持ちましたね。
こちらペガサス
s-0623peg.jpg
こちらスコーピオン
s-0623sco.jpg
逆行してしまったので損切りです。
もう少し待っていれば勝てたのですがここでねばらないで
早めに損切りするからスコーピオンとペガサスは低ドローダウンで済むんです。
これはバックテストによる右肩上がりの資産曲線で証明されています。
またカーブフィッティングもおそらくほどこされてなくフォワードテストも良好なところから
この戦略の有効性は確かでしょう。
もちろんもう少しねばってさらに利を伸ばすという戦略でもリスクリワード比率が良ければ
良いと思いますけどね。
ひるがえって我々人間はどうでしょうか。こんなにしっかりと損切りできるでしょうか…
いえ、できない人がほとんどでそれが原因で相場から退場させられてしまいます。
また、出来たとしても心に非常に大きな葛藤を抱えてしまうでしょう。
たかが損切りですらそうなのですから…いかに裁量トレードで勝つことが難しいかわかると思います。
次回はトレーダーとしての可能性という点に関して話をしたいと思います。

専業トレーダー猫が愛用しているAva Swing System(エヴァスイングシステム)
複数通貨ペア対応の合成戦略により安定的な利益の積み上げを狙うスイングトレードEA

毎月収支プラスを実現しています。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック