2012年10月23日

ストキャスティクスの騙し回避の方法

ストキャスティクス、猫はスローストキャスティクスを使っていますが
騙しの多さに困っている方も多いと思います。
レンジ相場では威力を発揮するんですがトレンドが発生すると使い物にならないばかりか
勘違いして逆張りをかけさせてしまう困った奴です(~_~;)
ただ騙しさえ回避できればかなり役に立つオシレーターです(^^)
猫の騙し回避の方法は

に記載されているADXを使っています。(ちなみにADXはVTトレーダーとMT4では計算式が違うので気をつけてください。)
トレンド発生時は役に立たないストキャスですが下位時間軸においては機能しているので上位時間軸でトレンド発生中に下位時間軸で押し目を拾う事が可能です。さらにその時ヒドゥンダイバージェンスが起きていればより確実です。
トレンド発生中の大きな戻りを回避するために「その時有効な時間軸オシレーター」に注意しましょう。
結局ストキャスティクスの騙しというのはその時その時間軸オシレーターは無効ということです。
有効な時に使い無効な時は無視するのがスローストキャスティクス含めオシレーターと仲良く付き合うための秘訣だと思います。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298685222

この記事へのトラックバック