2014年01月13日

自分の技術で取れないところを悔しがるのはお門違い

特にトレンド発生時がそうなのですが
ギリシャショックの時も黒田バズーカでもそうなのですが
取れればそれはトレンドフォローの実力が有るということですばらしいです。
ただ取れなかったの「悔しがる」のはナンセンスとしか言いようが有りません。
現時点では実力が無いということであるそれを素直に受け止め
次回は取れるようになるために悔しがる暇があれば研究すべきなんです。
悔しがったあげくそこでトレードを崩して総崩れになったら元も子も有りません。
重要なのは決して大きな動きを取ることではなく
ランダムな相場の中における予測可能性です。
予測可能性が高い部分を着実に取る。
その努力がなければリスクリワード比率を上げて勝とうとしても無理です。
リワードがどこまで得られるかも相場次第だからです。

専業トレーダー猫のように長いトンネルを抜け経済的成功を掴みたければぜひ
マエストロFX〜FX専業トレーダー育成プログラム〜

を手に入れて下さい。これこそグローバルスタンダードの真のFX教材です。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 専業トレーダー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック