2014年01月29日

テクニカルかファンダメンタルか

猫はファンダメンタルの知識が乏しいのでテクニカルのみ
それも裁量による判断をベースに独自プログラミングのEAでエントリーさせています。
指標も意識しません。結果として指標による動きも取れるかもしれないし取れないかもしれないといったところです。
猫ごときの中途半端なファンダメンタル的知識で希望的観測を持つと良くないことのほうが多いですね。
プロスペクト理論
を克服しリスクリワード比率を向上させる。
リワードを最大化するかリスクを最小化するかによりますが最近の猫は
相場への期待を極力減らしリスクを最小化することでリスクリワード比率を向上させる戦略を取っています。
こう考えると逆算してロジックが生まれてきますので手法の迷宮に迷い込むことも無いのではないでしょうか。
ちなみにリワードを最大化させる戦略がトレンドフォロー型のシステムトレードですね(例:ギミック)
アベノミクスでボラが出てからは絶好調(その前のグダグダ相場でも勝っていましたが)
猫はボラが出てきた今の状況でもリスクを最小化してあわよくば大きなリワードをゲットできたらいいなーと期待しています。
リスクの最小化(猫の場合は極力負けにくくストップまでの距離が短くて済む状況のみでエントリー)は必須で
利を伸ばせるかどうかは相場にお任せといったところです。
利食いのロジックはEAに組み込んで有りますのでエントリーしたら後はチャート分析やバックテストしたり寝るだけです。
ちなみにGIMMICを走らせるVTトレーダーはレートに到達、移動平均線のクロス、MACDのクロス、ボリバンのブレイクアウト、ストキャスのクロス等でアラームを鳴らしてくれるので寝てもOkです。
専業になってから本当に寝る時間が多くなりましたね(笑)
それでは今日はFOMCですが頑張りましょう。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】

posted by 猫 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 専業トレーダー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386443705

この記事へのトラックバック