2014年02月06日

日本の平均足、欧米の移動平均線

修正ロウソク足である平均足はロウソク足に並び日本人が発明した素晴らしいツールですが今ではかなり浸透してきましたよね。
これとボリンジャーバンドと移動平均線だけを使用したトレード手法が有りましたがそれだけではやはり勝てません。
特にレンジ相場では4時間足などの大きな時間軸の平均足がアダとなります。
ここが注意点です。
このような時はボリンジャーバンド、ストキャスの「隙間」が非常に重要になってきます。
そのあたりの見極めが出来るようになってこそプロフェッショナルでしょう。
平均足はそれだけでも十分効果的なのですが、方向を示すものとして移動平均線、MACD、などと併用してこそ威力を発揮しますね。
こればかりはやはり経験が大事になってきます。
猫は自分なりに法則化してるのですが、どうしても裁量が入ってしまいます。
システムトレードに落とし込むのは今挑戦していますが至難の業のような気がしています。
ストキャンスも平均足も移動平均もMACDも「騙し」ますが無意味なインディケーターなんて有りません。
無意味なのは(過去の猫もそうでしたが)負けトレーダーの欲と焦り、不安、怠惰です。
専業トレーダー猫のように長いトンネルを抜け経済的成功を掴みたければぜひ
マエストロFX〜FX専業トレーダー育成プログラム〜

を手に入れて下さい。これこそ本物のFX教材です。
このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
posted by 猫 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 専業トレーダー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック