2100年12月01日

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目を捉える半裁量手法−を発表しました

初めまして。専業で為替のトレーダーをしております猫と申します。

N-MethodはSEから脱サラし7年間の負けトレーダー時代の長いトンネルを抜けてFXの専業トレーダーになった「猫」こと私が開発した半裁量手法です。このメソッドには7年間の負けトレーダー時代を振り返った私の「あの時ああしておけば良かった、ああすべきだった…」を沢山詰め込んでいます。

よく同様の書籍ではテクニカルに関する博識な知識を披露されるのですが、「では具体的にどうすればいいのか?」がわからず結局は自己流のサイコロを振るようなトレードに終始するかあるいはチャートに張り付くのが大変で継続できない方が多いかとわれます。それを踏まえ本メソッドは理屈は程ほどに具体的なメソッドに特化しております。

初級編では相場の環境認識以外は明確なルールに基づき肝心のエントリーはEAに行わせるため環境認識が同じならば誰が運用してもエントリーは同じ瞬間になされる曖昧さのないメソッになります。また裁量トレードの相場に張り付かなければならない欠点を、エントリー条件の成立、不成立をアラートで知らせるEAを付属することで解決しました。(4時間足ベースのため尚更張り付かずに済みます)煩雑なチャート設定もテンプレートファイルをお付けすることで簡便です。ユーザー様の負担を極力減らした持続可能性の高いものと自負しております。

上級編では任意のタイミングでのエントリーが可能です。もちろんEAによりストップ設定トレール等は自動で行われます。よって既にご自身で確立したメソッドをお持ちの方でも同居可能なシステムです。また私の本業での相場解説を継続的に配信しております。

どの通貨ペアでも有効のはずですが半裁量手法のためにバックテスト・フォワードテストに代わるものが専業トレーダーとしての私の経験と実績になりますので私がトレードしていたポンド円を推奨します。

メソッドの骨子

初級編ではMT4に標準搭載の平均足を4時間足に適用しその中での最適な押し目をEAにより捉え利益最大化を図る高リスクリワード比率の手法となります。そして環境認識はユーザー様に任せることにより独自性を確保し多くの人の目に触れることになっても有効であり続けると確信しています。


このメソッドの実績としまして非常に強いトレンドが発生したは2016年のイギリスのEU離脱後の反発上昇で一度に約800PIPS、
EU0.JPG
トランプ大統領誕生の後の下落からのリバウンドで一度に約400PIPS獲得しました。
EU.JPG
高ボラティリティレンジ相場においても有効で同じく2016年EU脱離前のボラティリティのある揉み合いで月間最大1000PIPS以上を獲得した実績があります。この年は12月のクリスマス相場の前後でさえ1トレードで約200PIPS獲得しました。

私も常に進化中なので本書は随時アップデートしユーザー様は無期限でダウンロード可能です。

このメソッドがかつての私のように出口の見えない暗闇の中でもがいておられるトレーダー様のお役に立てれば幸いです。


販売はこちら

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−


posted by 猫 at 15:43| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: