2019年12月29日

N-Method なぜ手法を教えるか

それは疑問に思うでしょう。
猫のブログとかツイッターを読んで下さってる方は
「勝ち組は勝てる手法を教えない」
という言葉と矛盾してるだろうと疑問に思うでしょう。
ただその答えはN-Method紹介ページに書いてあります。
要は私自身はN-Methodを今は使っておらず2015年〜2017年にかけてEAの開発も兼ねて使っていて
特に2016年に爆益を上げたので手法として通用するだろうと
環境認識以外は定式化できるのでアラームEAを使えば兼業の方でもチャートに張り付かずに済むだろう
また環境認識をユーザー様に任せることで独自性を確保し相場で通用し続けるだろう
そして主役はあくまでユーザー様ゆえにこの値段で売れるのです。
もし完全自動売買なら…少なくとも私はこの値段では売りません(笑)
これはあくまで私の価値観ですけどね

ですので矛盾はしてないと言えます。

N-Method−ポンド円で4時間平均足の中の押し目をEAで捕捉する半裁量手法−はこちらから







posted by 猫 at 20:10| Comment(0) | N-Method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: