2007年12月17日

円高、円安とは

円高円安とは他の通貨と円比べた場合の相対的な価値のことです。
例えば
100円=1ドルの場合
1000円=10ドルのドルを購入できます。これを基準にして

+10円/1ドルの場合→

110円=1ドル
1000円=9.0909…ドルのドルを購入できます

つまり同じ1000円で購入できるドルの量が減って円の購買力が弱まったわけですから「円安」です。(1ドル購入に110円もかかる!円の価値が下がった)

-10円/1ドルの場合→

90円=1ドル
1000円=11.111…ドルのドルを購入できます

つまり同じ1000円で購入できるドルの量が増えて円の購買力が強まったわけですから「円高」です。(1ドル購入に90円だけでOK!円の価値が上がった)

単純に円が-で「円高」、円が+で「円安」と覚えておいて良いかもしれません。

あまり意味にこだわる必要は無いと思います。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


ラベル:円高 円安
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック