2007年12月19日

個人で可能な外貨投資

証券会社の外貨商品

外国債権

外債(外国債権)とは海外の企業や国が外貨建てで発行する債権の総称です。企業が発行する社債や政府が発行する国債の事です
※残存期間が長いケースでは高金利でも為替リスク(外国為替レートの変化により円建てに換算した際の資産価値が影響を受ける危険)に注意する必要があります。

外貨建てMMF

外国投資信託の一つ。格付けの高い各国通貨建ての短期金融商品などで運用する債権を組み入れたファンドに投資します。
※外貨預金と比較して手数料と金利が有利です。為替レートの変化は一日一回のみです。

外国株式

外国籍の企業が発行をする株式です。内容的には国内株と殆ど同じで海外の株式市場に上場されている株式に投資します。
※手数料が高く銘柄選びが難しいというデメリットがあります。

外国投信

海外で設定され国内に持ち込まれ販売している外国籍の投資信託です。基本的な属性は国内籍の投資信託と殆ど同一です。
※日本には存在しないファンドを購入可能。デメリットは情報が少なくて手数料が高いところです。

銀行で可能な外貨商品

外国債権

外債(外国債権)とは海外の企業や国が外貨建てで発行する債権の総称です。企業が発行する社債や政府が発行する国債の事です
※残存期間が長いケースでは高金利でも為替リスク(外国為替レートの変化により円建てに換算した際の資産価値が影響を受ける危険)に注意する必要があります。

外貨預金

円をユーロやドル等の外国通貨に交換して預け入れる預金の事です。基本的な属性は円建ての預金と殆ど同一です。
※国内の預金金利より高金利が設定されています。デメリットとして解約がすぐに出来ず為替手数料が高い事があります。

独立系会社、証券会社、先物取引系会社の外貨商品

FX

一定の証拠金を取引業者に預ける事により信用供与をしてもらって小さな資金で大きな外貨の取引が可能になります。これは会社によって異なるのですが例えば10万円の証拠金で1万米ドルの外貨を売買できます。
特徴として手数料が安く流動性が高く金利が高いという事があります。
※レバレッジの値次第ではローリスク・ローリターンにもハイリスク・ハイリターンにもなります。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック