2007年12月20日

外貨投資を安全に行う秘訣

外貨投資にはリスクが存在することを常に忘れない

外貨債権、外貨預金、外貨建てMMF、外国株式、FX…外貨投資には必ずリスクが存在します。例えば
1米ドル100円で米ドル購入後、円高・ドル安が進み1米ドル90円になった場合。1米ドルあたり10円の為替差損が発生します。円高・円安が極端に進むと投資元本を割り込む恐れすらあります。このようなリスクを常に想定しあらかじめ対策を講じるリスク管理が必要です。

投資は余裕資金で

リスク管理の一つとして生活資金には決して手をつけず余裕資金で投資するという事が考えられます。余裕資金とは使い道の定まっていない資金のことです。それを失ってもダメージが及ばないような資金で投資しましょう。また、このブログを読み終わった頃には相場の流れを予測できるようになっていると思います。その予測に確信が持てた時だけ投資するというように無理のない戦略を立ててゲームに勝ちましょう。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック