2007年12月20日

FXの特性

FX=外国為替(Foreign Exchange)=外国為替証拠金取引の特性

基本的な属性は外貨MMFや外貨預金と同じです。

円を買い外貨を売る事が可能なので円高外貨安の状況にも対処できます。

レバレッジ(てこ)を使えば小額の(業者によって異なりますが10万円程度から)の証拠金で外貨を売買出来きます。例えば1万米ドルの取引に必要な証拠金(保証金)が10万円位が一般的ですが50万円を証拠金として入金することで最大5万ドル取引可能ということになります。

FXは取引時間が土日を除く24時間。それに対し外貨建てMMFや外貨預金の取引時間は取扱い金融機関の営業時間内です。

手数料が圧倒的に安い。例えば外貨建てMMFなら1ドルにつき往復1円が一般的です。外貨預金なら1ドルにつき往復2円かかる銀行が大部分です。ところがFXですと往復10銭から40銭と圧倒的に有利です。

FXの利益

為替差益

購入した外貨が円安外貨X高が進み値上がりすることにより差益を受け取ることができる。


スワップ金利(利子)

高金利の通貨を購入し低金利の通貨を売却すればその差を利子として得ることが可能

FXの損失

為替差損

レバレッジの値が大きい場合、為替レートの変動が少なくても利益が大きい反面損失も大きくなります。このリスク管理の技術がFXで負けないための秘訣です。

スワップ金利(利子)

高金利の通貨を売却し低金利の通貨を購入するとその差を負の利子として支払う必要がある


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック