2007年12月21日

FXの特性2

金融商品としてのFX(Foreign Exchange)の特性

証拠金(保証金)10万円を投資

×

業者によりますがレバレッジ(てこの原理)の値=1倍から400倍

1ドル100円の場合100万円相当の1万ドルを購入出来ます。
※購入金額100万円/証拠金10万円=10倍のレバレッジ

→円安・ドル高が進行して1ドル110円になった場合。1万ドル=110万円となり10万円の利益が発生します。

→円高・ドル安が進行して1ドル90になった場合。1万ドル=90万円となり10万円の損失が発生します。

僅か10万円の証拠金で+-10万円の損益が発生するのでハイリスク・ハイリターンです。FXはレバレッジの値次第でハイリク・ハイリターンにもローリスク・ローリターンにもなるのでリスクへの敏感さが必要です。

FXの特性をまとめると

レバレッジにより小額の資金で大きな取引が可能で投資効率が高い。業者によって異なりますが10万円の証拠金で1万ドル分の外貨を売買可能です。これが外貨預金なら1万ドル預け入れる為には1万ドル相当の資金が必要です。

取引手数料が圧倒的に安い

24時間取引可能

高金利通貨を購入し低金利通貨を売却するとスワップ金利を得られる

「買い」のみならず「売り」も可能


「勝つ」ことよりも「負けない」ためのリスクコントロールが重要です。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック