2007年12月21日

レバレッジの機能

レバレッジの機能

レバレッジの最大の特徴であるレバレッジは「てこ」を意味します。小額の証拠金(保証金)で多額の取引が可能なシステムです。

例えば外貨預金で1ドル100円の時に10万円を預金した場合10万円を売却し1000ドルを購入した事になります。後に円安・ドル高が進行し1ドル110円になった場合、円の元本は11万円になり1万円の利益が得られます。

それに対しFXは1ドル100円の時に10万円の証拠金(保証金)を納めて100万円相当の1万ドル購入し(100万/10万=10倍のレバレッジ)後に円安・ドル高が進行し1ドル110円になった場合、1万×110=110万円になるので10万円の利益を得られます。

僅か10万円の証拠金で10万円の利益を得られる事がレバレッジ効果です。ただしレバレッジの値を大きくすると利益が大きくなる反面損失も大きくなるので注意が必要です。

円安・ドル高を予測しレバレッジの値を大きくして円を売却しドルを購入したのに円高・ドル安が進むと大きな損失を被ってしまいます。そのため正確な予測、予測がはずれた場合の対策、最適の売買タイミングが重要になってきます。レバレッジは1倍から大きいところだと400倍位までかけることが可能です。しかしリスク回避のために2、3倍のレバレッジから取引を開始する方が安全でしょう。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック