2007年12月23日

FX取引のコスト

FX取引のコスト

FXの取引コストは大きく別けてスプレッドと為替手数料です。

スプレッド

スプレッドは
Bidレート(買いレート、買い気配値)

Askレート(オファー・レート、売りレート、売り気配値)
の差です。

※Bidレートはレート提示側の買値で投資家にとっては売値です。
Askレート(オファー・レート)はレート提示側の売値で投資家にとっては買値です。

FX業者の多くは2Wayプライスといい買いレートと売りレートを同時に提示しています。

スプレッドはFX業者が手にしている為その値が小さいほど投資家にとっは利益が大きいので必ず確認するようにしましょう。

為替手数料

外貨を円に変換したり円を外貨に変換した場合に生じるコストです。比較の為に外貨預金では1ドルあたり片道1円、1万ドルで1万円生じます。FXのメリットは為替手数料が圧倒的に安いことです。FX業者により手数料は様々ですが安い業者では無料、高くても40銭位です。短期売買を機動的に行いたい場合は手数料が可能な限り安い業者を選ぶべきでしょう。
また取引枚数に対応して割引があったり、購入した当日に売却し損益を確定させる日計り(デイトレード)という取引の場合は手数料が割引きになるFX業者もあります。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック