2007年12月23日

損失を最小限に抑える

損失を最小限に抑える損切りの方法


ロスカット・ルールを設けているFX業者を選ぶ

いくら利益を得ても損失が大きければ意味がありません。損切りを確実に行い損失を最小限に抑えることがFX投資を成功させる為の大前提だと思います。ロスカット・ルールは為替レートの動きが予測を外れた場合、投資家の多額の損失を未然に防ぐ為、一定の証拠金(保証金)維持率を下回った際にポジションの一部または全部を決済するシステムです。いわば最悪のシナリオを回避する為のシステムです。ルールはFX会社により異なり自動的に決済される会社、あらかじめロスカットの値を設定している会社、危険ゾーンの事前警告=マージン・コールの通知をしてくれる会社等があります。通常は有効証拠金(維持証拠金率)が50%を下回るとマージン・コールを受けます。

ストップロスオーダー(損切り注文)

FX業者によるロスカットルールは最悪のシナリオを回避する為のシステムですがそれ以前の段階でリスクを軽減する方法がストップロスオーダー(ロスカットオーダー)で「逆指値注文」とも呼びます。あるポジションを持っていて為替レートが自分の不利な方向に変化してきてあらかじめ指定したレートを超えた時点でそれ以上の損失を回避する為に成行の売り注文・買い注文を出しポジションを決済する方法です。


いかに損失を減らすかがFXで勝ち組になる為の秘訣です。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック