2007年12月24日

最低の必要証拠金額

FXの魅力の一つは小額資金から取引を開始できること

FX会社によって違うのですが1万米ドル相当の外貨の取引に必要な証拠金は約10万円です。たった10万円で1万ドル(1ドル100円なら100万円相当、レバレッジ10倍)も購入できるのは魅力的です。もし円安ドル高が進み1ドル110円になって売却して110円×1万ドル=110万円購入すれば10万円の利益が得られます。元金たった10万円で10万円の利益は非常に魅力的です。ただその分元金に対する損失の割合も大きくなり他の外貨建て金融商品と比較してレバレッジの値が大きくなるとハイリスクだと言えます。個人なら原則的に2〜3倍のレバレッジで取引するのが安全でしょう。1万ドル(1ドル100円で100万円相当)を購入するなら証拠金を30万円にしてレバレッジを3倍程度(100万/30万=3.333…)にする方が安全です。※証拠金は外貨取引を開始する際にFX業者に預託する担保金です。

最低証拠金額

取引したい外貨額により必要になる証拠金は異なります。その必要最低限の金額を最低証拠金(最低保証金)と呼びます。具体的な金額はFX業者によって違うのですが最低証拠金が10万円というFX業者が最も多いようです。中には1〜3万円から取引を開始できる所もあります。

自分が負担可能なリスクを把握する

最低保証金が少ない分気軽に投資が出来るFXですがレバレッジの値次第では大きな損失を被る可能性があります。過度にレバレッジを高めて投資しない事が大切です。自分が負担可能なリスクを把握しFX投資には余裕資金を使い冷静な判断を鈍らせないようにしましょう。※「余裕資金」はそれを使わなくても生活に支障を来たさない資金のことです。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック