2007年12月27日

通貨売買のタイミング

通貨売買のタイミング

FX取引で為替レートの変化を把握し様々な通貨を売買する時には売買のタイミングを常に計算する必要があります。

短期売買

売買タイミングは短期売買を行う時に最も重要になってきます。しかしその判断は非常に難しいというのが現実です。円安ドル高を予測しドルを購入したらその後値下がりしてしまったということは珍しくないことなのです。短期売買の場合は外国為替取引に参入している投資家の通貨間の需給バランスを前提にします。需給バランスは売れば値段が下降し、買えば値段が上昇するといった売買の力関係です。この前提下では投資家の市場心理が予期せぬ為替レートの変化を起こします。その為には外国為替取引に参入している投資家が今何に注目しているのか、常に情報を分析し続ける以外方法はありません。

長期売買

長期売買を行うのなら特にタイミングを計算する必要はありません。高いスワップ金利を得られる通貨を購入し保有していれば良いのです。タイミングの計算が難しいという方はこの方法を選択するのが安全でしょう。また毎月一定額の円で外貨をで買い付けていく方法もあります。この方法では円高ドル安の時には沢山の量を購入でき、円安ドル高の時には少量しか購入できない為、これを長期的に継続した場合円安ドル高の状態で購入する外貨の比率が少なくなりドルの平均購入単価が引き下げられるというドルコスト平均効果を期待できます。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック