2007年12月28日

為替の値動きを予測する

為替の値動きを予測する
為替相場は長期的には経済合理性の原則で動きます。これは相場の変動が金利格差、成長率格差等のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に則して推移していくことを意味します。


為替レートの長期的トレンドは二国間の経済格差に影響される

為替の変動を予測する基本は二国間の経済格差の比較です。そこから生じる様々な経済現象の変化(貿易経常収支、金利格差、資本収支等)の変化にも注意が必要です。為替レートの長期的トレンドは二国間の経済格差に影響されます。経済活動のより盛んな国の株価が上昇し金利が高水準で推移し通貨への需要が高まるのです。

為替レートの長期的トレンドは米国の通貨政策に影響される

為替レートが長期トレンドを描く上で最も重要な要因は基軸通貨国である米国の通貨政策の変化です。米国の通貨政策を司る財務長官のドル高政策推進を示唆する発言(ルービン財務長官の有名な発言「強いドルは国益」等)が外国為替市場のドル買いを誘います。それらの情報に敏感に反応し意味を把握することが重要です。


為替レートの推移はある程度まで予測可能

二国間の経済格差、米国通貨当局(米国財務省)の通貨政策を分析すれば為替レートの推移をある程度まで予測可能です。


人気ブログランキングへ



ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック