2008年01月06日

テクニカル指標やチャートに慣れる

テクニカル指標やチャートに慣れる

FXの取引においてはチャートをよく見ることが重要です。テクニカル指標にはRSI(Relative Strength Index=相対力指数)やMACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method=移動平均収束拡散法)、ストキャスティクス(Stochastic)など非常に多くの種類がありますが、2つくらいは確認しておきましょう。それらを毎日チェックすることにより未来予測の精度が向上しトレードの成績もグンと良くなるでしょう。

このような情報はFX会社で口座を開設しログインすると見ることができます。会社によって機能性やチャートの性能は違いますが基本的なテクニカル指標は揃っています。あとは操作性や携帯ツールの使い易さやなどで判断すれば良いでしょう。また、投資情報を得るための口座と、実際にトレードを行うための口座を使い分けるという方法があります。

テクニカル分析やチャートは様々な手法が考案され書店には解説書が溢れています。重要なのは自分と相性の良い方法やツールを見つけたら、それを継続的に使い自分なりのルールを身につけて使いこなすことなのです。

猫も運用している収支プラスのEAはIron Wolf Next Edition(アイアンウルフ ネクストエディション)
スイングトレードに必要な売買テクニックの全てを網羅した総合的スイングトレードシステム

まるで熟練トレーダーのような損少利大逆コツコツドカンの真のシステムトレードの魅力を味わって下さい。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック