2008年01月11日

取扱い通貨ペアの確認

通貨ペア

「通貨ペア」は売買を行なう通貨同士の組み合わせのことで、ユーロ・円、ドル・円、等がメジャー通貨ペアです。「米ドル・円相場」は米ドルと円の交換比率のレートを、「ポンド・米ドル相場」は米ドルとポンドの交換比率のレートを指します。為替レートは「1ドルX円」のように報道され「円安ドル高」「円高ドル安」という言葉で交換価値を表現されます。FX会社によって取扱い通貨ペア数は異なり、少ないところで4〜5ペア、多いところでは20ペア以上を取り扱っています。通貨の組み合わせが多いほど選択肢が増え、利益を得るチャンスも増える可能性があります。円と米ドルのペアは殆どのFX会社が扱っていますがNZドルと円、あるいは豪ドルと円のペアは取り扱っていないところもあります。高いスワップ金利収入を得るためには基本的にこの2つのペアが必要不可欠なので、この2つの通貨ペアを扱っているFX会社を選ぶ必要があります。

最近では非常に多くの通貨ペアを取り扱っているFX会社が増えてきていますが、マイナー通貨は高いスワップ金利がメリットとはいえ流動性(取引量→売りたい時に売れ、買いたい時に買えるか)の面でデメリットが無いとは言えず、配信レートが不安定になるリスクがあるので取扱いについては慎重に考える必要があります。その点を考慮しても、高金利収入とある程度の安定性を同時に満たすならNZドルと豪ドルをベースに考えることになるでしょう。

ここまで確認できたら無料のデモ口座を開設して500万円程度の仮想資金でトレードを行い、各FX会社のトレーディングシステムの操作性を比較してみることをお勧めします。全てのFX会社で利用できるわけではありませんが、トレードを疑似体験できれば参考になるはずなので積極的に利用してみてください。

専業トレーダー猫も使わせて頂いているパリス昼豚の5万円FX
5万円から再スタートして月の手取り100万円を実現した方法

シンプルだからこそ相場の本質を捉えています。シンプルだからこそ「わかる」だけでなく「できる」。自分自身の精神科医になり心から強くなれ!

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。
FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック