2013年08月18日

FXという戦場で身を守るための最強の武器

専業トレーダーになってわかったのははFXの世界は他人を出し抜いてでも儲けようとする者たちがひしめき合う
真実と虚構、情と裏切り、幸運と不運、明と暗が渦巻く生き馬の目を抜く過酷な戦場だということです。
そんな中で丸腰で戦うのは自殺行為に他ならず
命に等しい資金をを守るための盾と剣が必要になってきます。
盾に関しては損切りという防護服、資金管理等が有りますが
刀としての各種テクニカルが存在します。
かつての猫は最強の刀を追い求めていました。
さまざまなテクニカルを行ったり来たり
見つけた!と思ったものの程なくして負けてしまい幻滅…
その繰り返しでした。
しかしシステムトレードで検証していくうちにそんなものが幻想だと気づいたんです。
刀を最強の武器たらしめる状況を見極め
鋭い切れ味が最も発揮される絶妙のタイミングで使う。
その時に爆益がもたらされるんです。
宮本武蔵のような剣の達人の境地に到達できるよう今後とも修行を重ねていきたいです。


このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】














2012年10月29日

パーフェクトオーダーをいとも簡単に破壊する展開

ポンド円の木曜から金曜にかけての展開です。
要は移動平均線だけじゃ勝てないってことですね。
移動平均線に注目すべき局面
無視すべき局面
決して移動平均線が役に立たないのではなく
移動平均線だけでもオシレーターだけでも勝てないということが明白になった二日間でした。
ここで詳しく話してもいいんですが何せネタ元がこれ

ですので詳しい種明かしはできませんが
移動平均線役にたたね〜从o`・з´・)p
でも移動平均線マンセーでもなく<ノヽ`Д´>ノ
勝つための使用法を知るべきなんです。
猫はそれを知ってからめったな事では負ける事がなくなって
なんと今は専業トレーダーとして生活してる次第です(*^.^*)

※参考記事
猫でもわかるFXの基礎知識
毎日使うものだから道具は大事

では今日も頑張りましょう(^^)

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

2012年10月23日

ストキャスティクスの騙し回避の方法

ストキャスティクス、猫はスローストキャスティクスを使っていますが
騙しの多さに困っている方も多いと思います。
レンジ相場では威力を発揮するんですがトレンドが発生すると使い物にならないばかりか
勘違いして逆張りをかけさせてしまう困った奴です(~_~;)
ただ騙しさえ回避できればかなり役に立つオシレーターです(^^)
猫の騙し回避の方法は

に記載されているADXを使っています。(ちなみにADXはVTトレーダーとMT4では計算式が違うので気をつけてください。)
トレンド発生時は役に立たないストキャスですが下位時間軸においては機能しているので上位時間軸でトレンド発生中に下位時間軸で押し目を拾う事が可能です。さらにその時ヒドゥンダイバージェンスが起きていればより確実です。
トレンド発生中の大きな戻りを回避するために「その時有効な時間軸オシレーター」に注意しましょう。
結局ストキャスティクスの騙しというのはその時その時間軸オシレーターは無効ということです。
有効な時に使い無効な時は無視するのがスローストキャスティクス含めオシレーターと仲良く付き合うための秘訣だと思います。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

2012年10月21日

パーフェクトオーダーは諸刃の剣

パーフェクトオーダーというのはみんなご存知ですよね。
移動平均線が短期、中期、長期と綺麗に揃うことです。
各時間軸を元ににしてトレーダーの心理が綺麗に同一方向を向いていることから非常にトレードしやすい状況と言えます。
しかしその方向にグングンレートが伸びていく場合とパーフェクトオーダーになってエントリーした途端に逆行して損切りに遭ってしまって
パーフェクトオーダーなんて役に立たないじゃんΣ(`艸´;)ハッ!!
って思った方も多いと思います。
これは両方真理なんですよね。
これを避けるにはどうしたらいいか
答えは上位時間軸のオシレーターやボリンジャーバンドを見ることです。
それによって単なるレンジ相場でパーフェクトオーダーになった頃がレンジの両端であり
移動平均線の方向にエントリーしてはいけないということがわかるはずです。
一時間足以上の時間軸がレンジ相場であることを示唆していて
オシレーターが売られすぎ買われ過ぎを示唆していたらたとえ移動平均線がパーフェクトオーダーでもその方向にエントリーしてはなりません。
むしろエントリーすべきは移動平均線と逆方向で純粋なトレンドフォロワーはこの時期はエントリーチャンスが無いということになります。
でもそれでいいんです、ポジポジ病患者みたいにエントリーしまくって勝ったり負けたりを繰り返して
トータルで僅かな勝ちになるよりトレードを厳選して勝率を高めたほうがトータルの獲得PIPSでは多くなるものです。
後者の方が高いロットでトレード可能で資産の増える速度も大きいでしょう。
ところで移動平均線を使った優れた手法に
パリス昼豚の5万円FX
5万円から再スタートして月の手取り100万円を実現した方法

が有ります。非常に優れた方法論で猫も参考にしています。
またこれは著者のパリス昼豚さんが猫もとても信頼を置いている女性で文章も軽快で面白くて
「FX商材ってなんかうさんくさくてて苦手〜Σ(゚Д゚;)」って敬遠してる人にとっても手にしやすい内容ではないかと思います。

まとめ
パーフェクトオーダーを活用する時は上位時間軸のオシレーターを必ず注意して安全なところだけでエントリーするようにしましょう。

※参考記事
猫でもわかるFXの基礎知識
毎日使うものだから道具は大事

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

2012年10月19日

平均足×10分足×MACD PART3

平均足×10分足×MACD
の有用性を何度も書いてきましたが最近改めてそう思いますね。
もちろんそれより大きい時間足でベクトルを確かめてその内部ベクトルとして
平均足×10分足×MACDを使います。
なのでVTトレーダーのライブアカウントは作っておいたほうがいいと思います。
ちなみに
為替予想GIMMIC(ギミック)

を購入すると海外のCMSのライブ口座の作り方も詳しく教えてもらえます。
(FXA証券無きあとVTトレーダーの最後の砦なのでみんな応援してやってください)
重要なのは上位時間足のベクトルに乗っていることです。
はっきり言って5分足だとか15分足、もちろん10分足もそうですが
そんなののボリンジャーバンドなんて簡単に破られるし
スローストキャスティクスは天井か底に張り付いて使い物にならないし
ダイバージェンスは簡単に破られるし
15分足以下なんてノイズですよ。
(スローストキャスティクスの騙し回避の方法はビクトリーメソッド

に記載されています。)
負ける人でよく多いのは15分足以下の時間軸ばかりに気をとられてそ上位時間軸のベクトルに逆らって逆バリかけてしまうこと。
だったらいっそ30分足以上の時間軸「だけ」を見たらいいと思います。現にビクトリーメソッドの動画口座では30分足を執行時間軸に据えています。
もちろん永遠に続くトレンドはありえないしいつか反転するんだけどそこをオシレーターで見極めて
危険な状況ではエントリーしなきゃいいだけです。
では今日も頑張りましょう(^^)

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

2012年10月18日

ダイバージェンスに騙されるな

猫は自分でMT4用のダイバージェンスインディケーターを作って使ってるのですが
それだけを使ってトレードしてもほとんど勝てません。
現にダイバージェンスでエントリーするEAを作ってみたのですがバックテストの結果は惨憺たる結果でした。
ちなみに今のポンド円の上昇相場はダイバージェンスしまくりですがグングン上がってますよね。
この前の上昇トレンドの時もそうでした。しかも1時間足、2時間足、4時間足といった大きい時間軸の
ダイバージェンスが無効化されています。
なのでダイバージェンスを使うのはあくまでトレンドに乗った方向にエントリーするために。
つまり押し目買いや、戻り売りのためにしか使えないでしょう。
トレンドに喧嘩を打っても勝てませんから。
どんな時にダイバージェンスが起きるかというとトレンドの勢いが衰えた時にです。
つまりトレンドは転換してないわけです。東京時間に入れば自然に勢いはそがれるので
ダイバージェンスが起きるのは当然なんですよ。
そこで逆張りなんかしたらロンドン勢が入ってきて吹き上がって損切りです。
あるいはトレンドというのはダイバージェンスを否定しながらグングン、あるいはジリジリと
レートが伸びていく状態を言うのでしょう。
そんな時に役立つのはヒドゥンダイバージェンスのみです。
もっともヒドゥンダイバージェンスが起きてなくてもトレンドに乗れば勝つ確率が高いので
トレンドに勢いがある時は迷わず乗ったほうがいいでしょう。

※参考記事
猫でもわかるFXの基礎知識
毎日使うものだから道具は大事
ヒドゥンダイバージエンス

どんな状況でもただひたすらトレンドの波に乗るトレンドフォロー系システムトレードの傑作ギミック


このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

2012年10月12日

ヒドゥンダイバージェンスとグランビルの法則


※参考記事
毎日使うものだから道具は大事
猫でもわかるFXの基礎知識
ヒドゥンダイバージエンス

猫は以前はかなりグランビルの法則でエントリーしてました。
グランビルの法則はここ
グランビルの法則のまとめから売りと買いのタイミングを見極めよう。
で詳しく書かれています(^^)
でも特に最近のボラが低いレンジ性向が強い相場だと負けることが多くなりましたね。
移動平均線が傾いてる時の反発、突き抜けでエントリーしても勝つ場合と負ける場合が有る。
もちろんトータルで見て優位性の有る手法だからそれでいいじゃん(^^)
という考えも有り得ますが猫のように資金がそれほど多くない状況から専業トレーダーになった場合
そうも言ってられないということがあります。そんなにバンバン負けてたら
トータルでプラスになっても毎月の生活費が稼げないということにもなりかねません。
なので勝率は極限まで高めたいという気持ちが有ります。
そこでキーワードになるのがダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスです。
特にヒドゥンダイバージェンスが重要です。
まず移動平均線が右上がりの場合。
移動平均線での反発で行く場合そこで小さい時間軸でダイバージェンスが起きたらそりゃ必ず反発すると思います。
ただ勝つ場合とチョコっと反発して大きく下落して負ける場合が有るんですね〜(;´Д`)
違いは何か…
猫はそこにヒドゥンダイバージェンスがからんでいることを発見しました(^^)
勝つ場合はヒドゥンダイバージェンスが起きてるんですね。
オシレーターは何でもいいんですが強いて言えばスローストキャスティクスを使うと良いと思います(猫の期間設定は12、3、3です)
(スローストキャスティクスはトレンド発生時は役に立たないという弱点が有るんですね。
役に立たないどころか大負けする原因になります。これはADXを使うことで回避できるのですがそれは

に書かれているのでそちらで見てください)
じゃあその場合はどうするの?ですがADXを見てより小さな時間軸のスローストキャスで見てください。
結局反発にしても突き抜けにしてもヒドゥンダイバージェンスが発生してる時こそ
リスクリワード比率の高い(エントリーする価値のある)局面だということです。
ヒドゥンダイバージェンスは定義上ダウ理論に基づいているのでグランビルの法則とも相性が良いということになりますね。
猫は以前はミドルバンドでの反発でエントリーして負けたり勝ったりを繰り返してましたが最近は圧倒的に勝つようになりました。
まぁ、資金の少ない状態で専業になっちゃったんだから勝率は限界まで高めないとね(^^ゞ

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村



2012年10月09日

ヒドゥンダイバージエンス

グランビルの法則だけじゃ…
という記事で触れた手法を活かすための一般的なテクニカル分析について話したいと思います。
まずどんなオシレーターでもダイバージェンスという現象が発生します。
これはレートの反転の兆しと言われていてその傾向は確かに有るんですが
大きい時間軸のトレンドに逆行したより小さな時間軸のダイバージェンスは無効である確率が高いのを注意が必要です。
大きい波にあっという間に飲み込まれてしまいます。それに対してヒドゥンダイバージェンスは極めて有効です。
ダイバージェンスと何が違うのか…実は次の図のようにチャートとオシレーターを入れ替えたらそれぞれがダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスです。
s-CIMG1569.jpg
左のように上をチャート、下をオシレーターとみなしたらダイバージェンス。
これはレートは切り下がってるのににオシレーターは切り上がってる→反転上昇する可能性が高い。

→右のように上をオシレーター、下をチャートだとみなすとヒドゥンダイバージェンスになります。
つまりレートが切り上がってるのに(ダウ理論)オシレーターは切り下がってる
→レートがさらに上昇することを示唆します。

ダイバージェンスは所詮逆張りに過ぎないのですがヒドゥンダイバージェンスはダウ理論に基づいた
トレンドが発生する可能性を示唆しています。

これがトレンドフォローの観点からも最も素直で流れに逆らわない故に安全でまたリスクリワード比率の高いトレードとなります。

毎日使うものだから道具は大事
で紹介した優れた手法を活かすためにもこのようなテクニカル分析の応用的な知識は大変有効だと思います。
また猫でもわかるFXの基礎知識で述べた基礎知識も押さえて頂けたら幸いです(^^)

自信を持てない微妙な相場の時は
FXマルチロジックシステム(EA) 「スキャルロジック」×「デイロジック」×「スイングロジック」の3つのロジック異なるロジックを融合させた時間軸分散型マルチロジック戦略

のような優秀なEAに放ったらかしで任せるのが一番です。

このブログがお役に立ちましたら応援ポチよろしくお願い致します。

FX

ブログランキング【くつろぐ】